抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬は2種類あります

花粉症やアレルギーの特徴としては、「クシャミ、鼻水、鼻づまり、じんま疹」で悩まされてしまいます。

花粉症やアレルギーを抑えるために、抗ヒスタミン薬である内服薬は、全身に作用するので、発症があちこちに出たり、長時間続く場合があるためにすごく便利です。

そのために、「目のかゆみ、クシャミ、鼻づまり、皮膚のかゆみ」などに悩まされている人は、内服薬がおすすめ。でも、全体ではなく、「眼や鼻」だけなら鼻炎薬などうまく症状により使い分けることが重要になるかとおもいます。
抗ヒスタミン薬の場合は、放出されるヒスタミンが粘膜にある受容体に結合するのをブロックする作用を持つ薬です。

そのために、クシャミや鼻水、じんま疹などに即効性があります。

成分としては、「レボセチリジン、クロルフェニラミンマレイン酸」がその代表格で、副作用として比較的眠気が出にくいのが特徴的になるために、昼間でも仕事中でも服用することができます。
ただし、服用する人によっては眠気が効かない恐れもあるために、注意が必要です。
まだまだ開発されたばかりなので、たしょうの個人差がり注意が必要。つまり、服用して眠気を感じない人がいれば、眠気を感じる人もいます。

特に、服用後は車の運転などには十二分に気をつけなくてはいけません。
抗アレルギー薬は、肥満細胞からヒスタミンなどの炎症作用を持つ物質が放出されるのを阻害します。アレルギーの発症を抑える抗アレルギー薬となります。

高血圧などの生活習慣病で薬を服用している人は、アレルギーの市販薬を購入する際、必ず薬剤師に相談すること。
抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬も効果だけでなく副作用が起こるために、服用する場合には十分に気をかけて使うこと。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

 TOP