花粉症やアレルギーだけに言えることではありませんが、毎日食べる食事に対して、どれだけ栄養のあるものを食べられるかが重要になると思います。

そんな中で、花粉症やアレルギーを普段の食べ物や飲み物を利用しやわらげることができます。
まず、ヨーグルトにたくさん含まれている乳酸菌について。

乳酸菌は花粉症やアレルギーを予防するために必要不可欠な栄養分。
糖が分解して乳酸を作って、自分のエネルギーにしてくれる細菌を乳酸菌といいます。

乳酸菌には「ビフィズス菌、ミルミルS菌、ラクトバチルス菌」など、様々な種類がありますが、効果としては、腸内細菌のバランスを回復してくれます。そのために、下痢や腹痛、便秘、発がんの予防にきたいできます。

そのために食後に女性が食べることが多いとされていますが、アレルギーの原因である菌を抑える効果があるために、毎日のように食べたいものです。

乳酸菌が含まれているのは、ヨーグルト、チーズ、キムチなど、毎日のように意識して食べることで、アレルギーや花粉症を防いでくれます。

それからもう一つが、カフェインが含まれているコーヒーです。
半分以上が盗塁で出来ていますが、こちらのコーヒーは脂質とタンパク質が含まれています。これがポイントですね。

あまりコーヒーを飲み過ぎると、カフェインがたくさん含まれているために、眠れない夜になってしまうので、一日に2~3杯がだとう。

成分に、ポリフェノールが含まれているのがポイントで、酸化を抑える物質として、ガンや糖尿病、動脈硬化などの予防に有効とされています。ポリフェノールはエピカテキンで、肥満細胞という白血球からのヒスタミンお分泌を抑えると言われています。、

コーヒーが、このヒスタミンに対して効果があるのがポイントです。
つまり、ヒスタミンとは、アレルギーや花粉症、じんま疹などで起こりやすい「鼻水、目のかゆみ」などのアレルギー症状を起こすために、コーヒーに含まれているポリフェノールで抑制させることも大切です。