肌や脳を考えてしっかりとした睡眠を

花粉症やアトピー症になると、どうしてもつらいのが”かゆみ”です。
このかゆみが原因で十分な睡眠が取れずに、睡眠不足になってしまいます・・・。

睡眠不足になると、精神的な疲れがたまり、不眠症・うつ病の原因に関わるために注意が必要。

そのために、まずはかゆみを抑えるために、抗ヒスタミン薬(ザイザル、アレグラ、アレシオン)を利用することも手段の一つです。

しかし、毎日のように抗ヒスタミン薬の服用を続けていると、副作用の一つに”睡魔”に襲われることもあるために、できることなら普段の生活の中で、薬を使わずに十分な睡眠を摂ることが大事。

そこで、良い睡眠を心がけるために、寝る前の質を高めることに心がけること。

人によって、睡眠に対するこだわりはバラバラですが、かゆみを感じる脳を休ませる必要もありますので、まずは、普段から紫外線、感想などの皮膚の働きを休ませることも花粉症やアレルギーには十分に大切なことになります。

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠が有り、90分周期で繰り返しますが、この90分単位で睡眠時間を確保できる脂漏的な睡眠対策を取ること。

たとえば、就寝3時間前からカフェインやアルコールを大量に吸収しないこと。

ちょっとしたことですが、休日を含めて、毎日同じ時間に眠り、同じ時間に起きる習慣をつくること。
そして、寝る前には、テレビを見たり、ゲームなど刺激のあるものはせずに、本や音楽などを聞き、脳や心を落ち着かせ、睡眠の準備を始めること。

毎日のような睡眠の週間を続けることで、皮膚のかゆみを抑え、睡眠不足につながると思います。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

 TOP