社会の中で仕事をするようになり鼻ムズムズの花粉症に悩まされるようになりました。
そこで、花粉症やアレルギーせ鼻炎を治すためにザイザルの薬を使うようにしています。

zaizarunokusuri

 

高校生の頃は、花粉症の悩みなど、まったく苦しむことはありませんでした。

でも、都会で仕事をするようになり、「くしゃみ、鼻水、目のかゆみ」を引き起こし、かなり悩まされていました。

kusyami

なんといっても”目のかゆみ”がつらかった・・・。
目の周り、目の中がムズムズして、かゆくて、かゆくてたまらない。

かけば一時的に治まりますが、目の奥が痛くなり、ぼやけてしまい、最終的には視界が悪くなっていました・・・。

市販の目薬などを試していたんですが、短時間しか効果がなく、結局は花粉症を根本的に快全することはできない。

そこで、服用を初めて効果を感じているのがヒスタミン薬のザイザルです。


放出されたヒスタミンが粘膜にある受容体に結合するのをブロックしてくれます。

そのために、1日に1錠服用するだけで24時間の効果を期待することができて、なおかつ即効性があるのがウレシイです。
 
ザイザルジェネリックの詳細について>>

 

 

効果は「眠くなりにくい」

花粉によるアレルギー専用の鼻炎薬として販売されているザイザル。
主成分は、第二世代の抗ヒスタミン薬「レボセチリジン」で、ヒスタミンH1受容体の働きだけを強力に抑制してくれることで、効果を発揮してくれます。

nounoitibu

花粉薬やアレルギー鼻炎薬は、血流に乗って脳内に移行し、ヒスタミンH1受容体を抑制するのが一般的です。
そのために、眠くなりやすい副作用が起こります。

しかし、ザイザルの場合は、脳に移行しにくいため眠くなりにくい点が特徴です。

 

ザイザルの効果の仕組み

アレルギー性鼻炎の症状を抑えてくれるザイザルの効果について。

まず、アレルギーや花粉症などの患者が体内に持っている抗体をアレルゲンといいます。
この細胞が刺激され肥満になることで、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンやロイコトリエンなどのメディエーターと呼ばれる物質が放出されるのを抑制してくれます。

fusgu

それから、放出されたメディエーターが鼻の粘膜にある受容体に結合して、”くしゃみ”や”鼻水”を引き起こすのを抑える抗ヒスタミン作用にもつながります。

なおかつ、好酸球の活性化や鼻粘膜へ遊走する仕組みに働きかけることにより、”鼻づまり”などの症状の悪化を防ぐ効果にもつながります。

kafun

このような効果がザイザルに期待できるため、花粉症状やアレルギー、ハウスダスト、じんま疹などの症状に絶大な効果を発揮してくれます。

 

ジェネリックのザイザルを通販で購入

ザイザルは、花粉症やアレルギー治療薬として、既にスタンダードな医薬品のために、病院で受診をすることで気軽に購入をすることができます。

しかし、病院で処方を受けるよりも、「早く購入したい!!病院よりも安く購入したい!!」そんな時は、通販を上手く利用することができます。

pasokon

病院で処方されているザイザルは先発品に部類されているために、若干ですが価格が高いです。
1錠5mgで105.8円になります。

それに引き換え、通販で販売されているザイザルは、後発品でジェネリックになるため、価格は1錠5mgで約70~80円になります。

病院で処方される薬とジェネリックを比較すると、格段に価格に開きがあるわけではありませんが、病院の場合は薬価の他に「初診料検査代移動代」など、もろもろとしたお金がかかります。

通販の場合は、「送料無料手数料無料税金も掛からない」など、金銭的なことを考えると、薬のお金しか掛かりません。

 

ただし、通販でザイザルを購入する場合は、病院の処方と違い、自己責任となるために、注文する場合は、十分に理解をした上で使うようにしましょう。

 

ザイザルジェネリックの詳細について>>